INDIAN JEWELRY|NAVAJO

LYNDON TSOSIE

ke-001.jpg
Lyndon は親日家でビジネスマンの顔も持つ彼の作品です。
東京の渋谷にHouse Of Lyndonと言う名前の店も有るらしく、ハンドメイドのツールなどの即売会などの際も来日しています。
今回の渡米と彼の来日が運悪くかち合った為、アメリカで会いました。
 
彼はtufa-castの作品も多数有りますが、スタンプなどのオールドスタイルもこなす、アーティストです。
帰国直後にも関わらず快く自宅に迎えてくれました。
夜遅くまで多くの事を語り合いました。奥様もハーブティーのようなNavajo teaでもてなしてくれました。
 
ke-001.jpg
ls151204-001.jpg
tufa-castのフェザーペンダント3枚セット。navajo silverチェーン付き。Sold Out
 
ke-001.jpg
ls151204-002.jpg
BUGデザインペンダント。鹿革ネック付き。
 
ke-001.jpg
ls151204-003.jpg 
この何とも言えないデザイン!! いわゆるツノですよね。しかもインゴットCOOL !!
 
ls151204-004.jpg
turquoise はMorenchi です。
 
ke-001.jpg
 ls151204-005.jpg
 こちらもtufa-castで制作された如何にもLyndonらしい作品ですね。Sold Out
 
ls151204-006.jpg
 
ke-001.jpg
ls151204-007.jpg 
 Turquoise の両サイドに3本ずつのスパイク付きのringです。Morenchi
Sold Out
  
ls151204-008.jpg
  
ke-001.jpg
ls151204-009.jpg
並べると意外に違和感を感じませんね。
 
ke-001.jpg
 
 
 
▲Page Top

AARON ANDERSON

ke-001.jpg
lstomnavajo-130918-001.jpg
AARON ANDERSON
INDIAN JEWELRYのアーティスト アーロン・アンダーソンの作品をご紹介します。
 
ke-001.jpg
   
  
 
ke-001.jpg
 Tusa-castでの作品が彼の特徴ですが、10年程前に彼の自宅で話をした時に彼のヒーローはCharles LolomaでLolomaから大きな影響を受けていると話していました。
ちょうどその頃Charles Lolomaの作品集が発売された直後でバースデイプレゼントされた本を自慢げに見せてくれました。
言うまでもなく私もUSAの本屋で即買いしました。彼に限らずLolomaに少なからず影響を受けたアーティストはHopi、Navajoを問わずAngloも含めその数は膨大な人数だと思います。
   
Tufaに直接下書きしていわゆる彫刻刀のようなツールを使いフリーハンドで彫り込んで行くのを見せてくれました。
トライアングルのラインも刃先を斜めに寝せて彫るので、思わず”INCREDIBLE”と言いいました。
その後インゴットを溶かしてTufaに流し出来上がりを見せてくれたり、日本に自分をアピールして欲しいと言ってました。
  
近年日本のギャラリーに招待されデモンストレーションしたり来日のたびに確実にファンを増やしています。
ls151208-001.jpg
  
ls151208-002.jpg
 StarモチーフのTufa ブレスです。
さすがに彼が作ると気持ちいい程の重さと存在感がもの凄いですね。
 
ls151208-003.jpg
Ringもボリュームがあっていい感じです。
 
ke-001.jpg
ls151208-004.jpg
小さめのNajaを鹿革に合わせました。ごつすぎず服を選ばずに着けられると思います。
 
ke-001.jpg
 
 
 
▲Page Top

CODY SANDERSON

ke-001.jpg
lstomnavajo-130918-002.jpg
CODY SANDERSON
INDIAN JEWELRYのアーティスト コディ・サンダーソンの作品をご紹介します。
 
ke-001.jpg
 
 
 
▲Page Top

LEONARD NEZ

ke-001.jpg
lstomnavajo-130918-003.jpg
LEONARD NEZ
INDIAN JEWELRYのアーティスト レナード・ネズの作品をご紹介します。
 
ke-001.jpg
 
 
▲Page Top